<< 健康検査について | main | 小児喘息について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
予防接種について
赤ちゃんが産まれてから、行う予防接種はたくさんです。
また、行う時期も決まっていますので、注意しましょう。
ここでは、それぞれの予防接種について解説していきたいと思います。
予防接種について


赤ちゃんは、産まれてすぐは母親からもらった
免疫がありますが、何か月も過ぎると、
免疫力も低下してきます。
なので、さまざまな病気から子供を守るために、
予防接種を受ける必要があります。
予防接種の必要性


BCGは結核の感染を予防するものです。
昔はツベルクリン反応の後に、BCGが行われていたのですが、
今では、生後6か月未満で、BCGのみ行われます。
接種後、軽い発熱が起こる事がありますが、
心配はありません。
生後3か月をすぎた頃から、接種を考えましょう。
BCG


DPTとは、ジフテリア、百日せき、破傷風混合のことです。
このDPTは三週間ごとに一回を三回行ったあと、
一年後に4回目を接種して免疫力をつけます。
ジフテリアとは、高熱、せきなどで、喉の炎症が起こり、
ひどい時は呼吸困難に陥る事もあります。
三種混合(DPT)


ポリオは生後3か月から1歳半までの間に
2か月ほど、間隔をあけて2回行います。
ポリオウィルスは、吐いたりマヒなどが起こる病気で、
ひどければ後遺症が残ることもある病気です。
ポリオは注射ではなく、ワクチンを飲ませます。
ポリオ


麻疹ウィルスは、感染力が非常に強く、
せきや高熱の症状が起こります。
症状は非常に重く、合併症を起こすこともあり、
今でも多くの子供たちが命を落としている病気です。
はしかの予防接種は1歳になったらできるだけ早く行います。
はしか

カテゴリ:2歳 | 21:32 | - | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 21:32 | - | - | -