<< 1歳をすぎたら | main | 離乳食レシピ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
生後5か月以降の赤ちゃん
生後5か月を過ぎてくると、これまで動けなかった赤ちゃんが、
おすわり〜はいはい〜つたい歩き〜歩行と、
どんどん成長します。
成長するにつれ、気をつける事もいっぱい。
ここでは、活発になってくる赤ちゃんと共に、
注意することなどを紹介します。
生後5か月以降の赤ちゃん


5か月を過ぎたころから、
赤ちゃんは寝返りができるようになり、
おすわりもできるようになります。
でも、おすわりをはじめたばかりの頃は、
まだまだ頭が重たいので、
左右にグラグラしてとても危なっかしいです。
私もよく、少し目を離したすきに泣き声が。。。
おすわり時の注意


赤ちゃんの歯が生え始める時期は個人差があります。
まず、下の歯の真ん中二本が生えてきます。
赤ちゃんは違和感があるのか、
「ブーブー」と唇を震わせたりしますが、
すぐに慣れてきます。
赤ちゃんの歯とよだれ


突発性発疹とは、今まで元気だった赤ちゃんが
急に38度から高ければ40度弱の熱が出てくることです。
生後1年以内にかかる赤ちゃんが多いようですが、
生後初めて出る熱が、この突発性発疹
という赤ちゃんも多いようです。
突発性発疹について


赤ちゃんがはいはいをしだしたら、
本当にママもこれまで以上にバタバタになります。
だって、今までは、じっとしていてくれたのが
見違えるように活発になりますから。。。
でも、これも成長の証として嬉しい限りですよね。
はいはいをし始めたら


歩行器は、おすわりも安定した赤ちゃんの
歩行を助けるものです。
赤ちゃんの視界も行動範囲も広がり、
とても便利なグッズの一つです。
昔の歩行器に比べ、今では、歩行器の赤ちゃんの手元には
手遊びができるものがいっぱい取り付けられています。
歩行器の活用


はいはいを始め、歩行器もうまく使えるようになると、
足の筋肉もだいぶついてきて、
つかまり立ちができるようになってきます。
私も初めて子供がテーブルに立って、歩いた時は
本当に嬉しくて感動したのを覚えています。
つかまり立ちからつたい歩きへ


赤ちゃんが歩く時期は、赤ちゃんによってバラバラです。
早い子で、10か月過ぎ
遅くても1歳2か月頃までには歩き始めます。
私の子供は、10か月で歩き始めました。
男の子より女の子の方が、
早く歩く子が多いと聞いていました。
初めてのお歩き


今まで、「あ〜う〜」としかしゃべれなかった赤ちゃんが、
だんだんと意味のある言葉をしゃべれるようになります。
赤ちゃんに早くしゃべってもらうには、
とにかくママやパパがいっぱいしゃべりかけてあげること。
赤ちゃんは両親から言葉を学びます。
はじめてのおしゃべり

カテゴリ:2歳 | 16:00 | - | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 16:00 | - | - | -